漢方サロンcojica

私たちの想い

行って、話してみたくなる薬局と思っていただけるように・・・。

漢方薬局でなく、漢方サロンと名付けることにしたのは、患者さんに色々なことを語っていただきたいから。
話したい、聞いて欲しいと思った時が、治療への第一歩であることを私たちは良く知っています。

体の不調は心と密接に関係しています。
自分のこと、家族のこと、過去のこと、未来のこと。
心配も不安も怒りも何もかもを、“絶対に否定されない安心な場所”で、思うままに話し受け止めてもらうことで、自らの不調の原因に気づくきっかけを作り、そのうえで体に合った漢方薬を服用することで、治療の相乗効果を引き出していきます。

両方がうまく効いた時のイメージは、冷たく重く固まった体と心のひずみや滞りがほどけて流され、ふわっと温かいもので満たされていく様な感じ。
キリキリに緊張が続いて、焼けそうに熱くなった頭と心が、潤されて一息つく様な感じ。

どんな表情で来られた方でも、薬局を出る時には、自然に笑顔になっていて欲しい。

漢方サロンcojicaが目指すのは、“自分らしさ”を取り戻していただける場所になること。
どうぞお気軽にお越しください。

漢方相談について

漢方のいいところは、

○検査では異常がない病気の卵「未病」の状態で知ることができる点 ○西洋医学的に治療方法がなくても、違う見方で治療ができる点 ○安定したこころでいるために、体のベースを整えることができる点

漢方の診察では、顔色や舌、話し方や脈、腹部の緊張などの様子から、体の中で進行しているバランスの崩れを早い段階で察知することができます。

病気は症状が出るずっと前から、検査では異常が出ず、自覚症状も軽い時期を経ます。

西洋医学的な健康診断・治療は大切なのでおろそかにせず、そのうえで漢方での診断を受け、早めに体全体のバランスを整えていくと、未病の治療となるのに加えて、毎日を過ごすのがずっと楽になります。

病気になってから病院通いするのでなく、症状が軽いうちに治療したり、予防することが、これからの時代を賢く生きる方法と言えます。

漢方相談の流れ

欲しいお薬が決まっている方、お急ぎの方はいつでもお越しください。
ご体調のことでご相談の方は、ご予約いただいた方がゆっくりお話を伺えます。

1ご予約TEL:0743-71-0371
2問診票の記入
3ご体調のことをお聞かせください。
4お薬についての説明、生活上での注意点などの説明
5会計

症例

症例・主訴 
患者 
内容
朝起きられない
10代女性
元気が出ず、朝起きられない。
手足が冷えるという方。

お体は弱っているというほどでなく、お話から学校や生活に興味を持てるものがないためではないかという推測をお伝えしたところ、思い当たるとのこと。
血の巡りを良くして、手足を温める漢方薬をお出しし、手足の冷え対策をしました。
すぐにあたたかくなったとのこと。
何に興味を持てるかについて話をし、気の巡りについて対策を考えていきます。
症例・主訴 
患者 
内容
胃が動かない感じ
30代女性
ストレスがかかるといつも胃が動かない感じがするとのご相談がありました。
少しお話をして、ストレス緩和と胃の動きを促す漢方薬を飲んでいただきました。
3日ほどで胃が動き始めたとのご報告があり、追加でお薬を持って帰っていただきました。
症例・主訴 
患者 
内容
肩こりと乳腺炎の痛み
30代女性
出産後の乳腺炎が続いていて、授乳の際に痛みがある方のお乳を飲みたがらない。
乳がん検診は異常なく、母乳外来に行ったが改善しなかった。
漢方薬服用後母乳の出が良くなり、炎症はおさまった。
合わせて生理痛が無くなった。

喜びの声

  • 20代女性
    久吉さま
     
    おはようございます。
    薬を飲み始めて、食欲もだんだん戻ってきて、今は脂っこいもの以外は食べられるになりました。
    生理も来て、先週よりすっきりしました。
     
    アドバイスありがとうございます。
    りんご、意識して食べます。
     
    次回もよろしくお願いします。
  • 10代女性

    娘の様子ご連絡しようと思いながら日々に追われてしまい、すっかりタイミングを逃してしまっていたのですが、翌朝、足がポカポカしてるー!!と嬉しそうに触ってー!と感動していました♪( ´▽`)
    だって久吉さん手っ取り早くまずは手足を温めようって言ってくれたもんねー。こんなに早く効くとは驚きやね。頑張って続けようね!と、朝晩続けています。
    目覚め後、普段なら身体がシャキッとしないのか、ダラダラしていたのに、いつもよりなんだか動きが機敏?!になって、機嫌よく家を出てくれていて、本当に感謝しています( ˘͈ ᵕ ˘͈  )
    まだまだ精神面は色んな日もあり、扱いにく!って日もあります。しいて言えば日常にもう少し覇気が欲しい!なんて思いますが…(笑)

    お話した通り、好きなこと、ライブの事になると覇気に満ち溢れているんですけどね…(^_^;)

    香りの良い食べ物。
    セロリは苦手ですが、シソ本当葉はたまたま毎日お弁当に入れています。
    残してきたりするので、久吉さんがおススメしてたよ〜と言ってみます(笑)

    気のうっ滞がスムーズになる漢方も気になります。
    お薬無くなる前に、またお伺いしますね。

  • 40代女性

    当日は気が付くと1時間半も、私のために貴重なお時間を頂き、親身に話を聞いてくださりありがとうございました。

     

    早速、手持ちの○○湯とお試しで処方していただいたお薬を飲んでみています。
    保育園送迎時に歩いているとフラフラしていた感じがなくなっているような気がします。
    なので婦人科で処方して持参しているめまいの頓服を飲まずに過ごせています。

     

    ただ、夕方以降のイライラがたまたま忙しい為か…ひどく、就寝時にはぐったりです。
    5日飲みきるまで様子を見たいと思います。

     

    カウンセリングの感想としましては、私は一年半前のめまいを起こした日を基準に、また回転めまいが起こるかもしれないという感じがする不安感が苦しく、内科→耳鼻科→婦人科と相談して、いま服用している漢方薬のままで大丈夫なのか知りたかったのですが、久吉先生は私の過去のめまい発症頻度、おそらく会話から性格や思考パターンも気づかれて、肩から上の血流がよくない。と判断してくださいました。
    なるほどー。

     

    体質体調は日々の過ごし方の積み重ねで良かったり悪かったり。そこにも改めて気づかされました。

    18年肩に力を入れて浅い呼吸で過ごしてきてしまいました。
    先の見えないトンネルに少し光が差して見えたような感じです。
    ありがとうございました。

  • 40代女性

    病気を診るだけでなく、人を診る。

     

    漢方カウンセリングでは、不調を伝えるだけでなく、様々な問診、脈診、舌診から不調の原因を紐解いて下さいます。

    体のことだけでなく心の持ちようまでもアドバイスして下さる。

    心と体、両面から自分と向き合うことができることが、漢方カウンセリングの魅力だと思います。

    ほんの些細な不調も親身になって聞いて下さいます。
    大きな病気になる前に、気になることがあれば迷わずカウンセリングを受けてほしいですね。

    日常的に漢方カウンセリングを!

    私はこれからもお世話になります。
    ありがとうございました。

料金案内

お薬を購入された方は相談料無料。
お薬のお買い上げが5,000円未満の方につきましては相談料として3,000円申し受けます。
お薬代は薬によって違いますが、一日分が300円程度です。

講座について

スタッフ紹介

  • 氏名
    久吉 猛雄
    役職・肩書
    薬剤師・認定薬剤師/コーチングプラットフォーム認定コーチ/メディカルハーブコーディネーター NR・サプリメントアドバイザー
    経歴
    薬剤師、薬学修士、認定薬剤師 生駒市学校薬剤師
    京都薬科大学大学院修了
    卒後、新薬メーカーの研究所に就職、大学病院への国内留学を含め医薬品開発に携わる。
    両親の病気をきっかけに代替医療に興味を持ち、漢方薬をはじめ、サプリメント、フラワーエッセンス、ホメオパシー他、さまざまな療法の講習会に参加。
    また、前後して病気と心の問題について関心を持ち始め、カウンセリングの勉強をスタートさせる。
    現代での漢方薬の有用性を確信し、その効用を広めたい気持ちから会社を退職、漢方薬を中心に取り扱う調剤薬局を開業。
    在宅ホスピス医と連携し、末期患者さんへの訪問も多数経験する傍ら、並行してカウンセリングなど心のケアの勉強も続ける。平成25年より小西統合医療内科漢方外来担当。
    一般的な治療で改善が見られなかった方への、こころと体の両面からアプローチを実践する医療現場での経験を積む。一般社団法人FBC認定コーチ取得。
    漢方治療での体の治療と、メンタルケアを合わせた治療に取り組む。